バストアップを食べ物で行うための基礎知識

成長期では女性ホルモンの分泌が活発なため胸が大きくなります。
しかし、成長期すぎると女性ホルモンの分泌量が減少していき、バストの成長は止まります。
このことから、バストは大きくならないと思いがちですが、大人になっても女性ホルモンの分泌量を活発にすればバストアップ出来るようになります。

 

バストアップに効果がある栄養素とは

偏った栄養を摂取するのではなくバランスのよい食生活を心がける事がバストアップにつながります。

 

イソフラボン

女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをしてくれ乳腺の発達を促してくれます。
乳腺細胞を増やしたりベストを形成する役割があります。

 

ビタミンE

女性ホルモン(プロゲステロン)の分泌を活発にしてくれる作用があります。
活性酸素を減らす効果もあり、老化防止にも繋がります。

 

ボロン

エストロゲンの分泌を活発にしてくれます。
ボロンは、ミネラルの一種で骨を強くする効果もあります。

 

タンパク質

女性ホルモンの分泌を促してくれます。
骨や筋肉を作る効果もあり、バストアップの土台作りに必要な大胸筋を作る栄養素です。

 

ここでは、効果的にバストアップに作用する食べ物や栄養素など基礎知識を紹介します。

 

バストアップに効果的な食べ物とは

女性ホルモンの分泌に効果がある栄養素が含まれる食べ物の例となります。
偏った食事をするのはなくバランスよい食事を心がけるようにしましょう。

 

イソフラボン:豆類全般(大豆、乳製品、豆腐、枝豆など)

1日の必要摂取量:70~75g

 

ビタミンE:アボカド、煎茶,うなぎなど

1日の必要摂取量:8g

 

ボロン:キャベツ、ハチミツ、海藻類、ふどうなど

1日の必要摂取量:400μg

 

タンパク質:鶏肉、まぐろ、チーズ、牛乳など

1日の必要摂取量:自分の体重kgをgに変換した量
※体重が40kgの場合は、1日40g必要となります。

 

毎日必要栄養素を摂取するは難しいと思います。
サプリメントをうまく活用し併用することで不足する栄養素をバランスよく補給する事ができるでしょう。

 

 

バストアップクリーム『セルノート』でバストアップに成功した方法とは…>>